プジョー松山
 

スタッフ紹介

  • ショールーム情報
  • 展示車紹介
  • 試乗車紹介
セールススタッフ
[2008/08/17]
プジョー松山のスタッフは個性的で
明るい人間ばかりです!
お車ご購入のご相談、お乗り頂いておりますプジョーのご相談だけではなく、
気軽にお話できるスタッフが揃っております。
「バトラー」とは執事を意味しております。
人生の歯車の中でお客様のカーライフが
幸せあります様、心からおもてなしさせて頂きます!
是非、遊びにお立ち寄り下さいませ!
staffChange1
image.jpg

北村 浩治 [代表取締役/お客様サービス担当 バトラー]

最新ブログ: 1月も後半に差し掛かりました

おすすめのモデル

「508」
 プジョー508Griffeのペルナ・ネラ・ブラックから、プジョー508SW Allureの
 パールホワイトに乗り換えました。
 
 プジョー508シリーズは、プジョーのフラッグシップに違わない存在感と重厚感
 を醸し出しながら、高級車にありがちな威圧感やコテコテ感、取っ付きにくい
 インテリ感を感じさせないところがとても気に入っています。
 親しみを感じる、着飾らないソリッドでお洒落なイメージや、アクティブ感溢れる
 センスの良さが、本当にプジョー508SWを所有する喜びになっています!
 
  勿論、プジョーマジックや猫足と評される足回りは、ノーマル仕様にも関わらず、
 『峠道での粘り』、『高速道路での直進安定性』、『街乗りでの乗り心地の良さ』、
 という相反するシチュエーション全てにおいて、高い次元で提供してくれます。
 
 「プジョー車って生きてるみたいだろ!運転ってこんなに楽しいんだよ!」と、
 感性に訴えかけてくる走りは、人馬一体という言葉がピッタリです♪
 

初めてのプジョー

「プジョー205GTI」
1985年、1986年と2年連続でWRC世界ラリー選手権を、ドライバーと
マニュファクチャラーズのダブルタイトルを獲得した名車です。
当時、アウディ・クワトロ、ランチア・ラリー、ランチャ・デルタという並み居る強敵に
打ち勝ち、その後のパリ・ダカール・ラリーを四連覇(405T16と合わせ)という偉業を
打ち立てました。
 
市販車でもWRCで培われた足回りと、加速感はとても強烈でした。その当時は、
よく故障もしてましたし、ダッシュボードや内貼りは非常にプラッチッキーで、品質は
残念ながら低かったことを覚えています。しかし、そういうところを差し引いても、
ピニンファリーナのお洒落なデザインと、じゃじゃ馬を乗り慣らす喜びは、今でも鮮明に
覚えています。
 

お客様へ

プジョー車は、センス溢れるデザインだけでなく、馬力やトルク等、カタログスペックでは
推し量れない、感性的な魅力に溢れるブランドです。また、それが隠され秘められている
から面白い。
感性的な魅力を解放し、それを体感する為には、必ず試乗をして下さい。それも出来るだけ
長く、「街乗り」、「峠道」、「高速道路」を走ってみて下さい。
プジョーの120年にも及ぶ歴史に裏打ちされた黄金法則と、エスプリの利いた奥深い
フランス文化の一端を垣間見えることと思います。
飽きのこない、所有する喜びに溢れるブランド、それがプジョー車。
一度、騙されたと思って試乗してみて下さいね(笑)

image.jpg

おすすめのモデル

「3008」
フランクフルトモーターショウでの実車を見たときから一目惚れしてました。
唯一無二のデザインは今でも色褪せる事なく輝き続けています。
今の私の愛車でもあります!

初めてのプジョー

「407SW」
映画『TAXi4』でも活躍した407です。そのデザインと存在感に惹かれました。
シートの座り心地は最高です。フランス車の魅力にはまった1台です。

お客様へ

2014年12月6日に最新CIで統一された新ショウルームにリニューアルオープンしました。
展示車、試乗車もご用意しています。
カタログだけでは伝わらないPEUGEOTの奥深い魅力をお伝え出来るようスタッフ一同ご来場お待ちしています。

IMAG0318.jpg

おすすめのモデル

「2008」
コンパクトなのにたくさん荷物が積める‼︎
普段の買い物でも週末のお出かけにももってこいの1台ですよ♪

初めてのプジョー

「207」
初めてプジョー所有したのは207の限定車envyでした。
そして自分で買った初のマイカーだったので
思い出深い1台です。

お客様へ

プジョー車は少し遠回りがしたくなる…
そんな運転が楽しくなるクルマです。
お客様のライフスタイルに合わせて最適の
プジョー車をご提案出来ればと思います。

まずは一回実際に運転してみて下さいね♪

image.jpg

越智大介 [アドバイザー]

最新ブログ: イベント

おすすめのモデル

「308」
最新のプジョーは最もプジョーらしい
フランス車濃度の高い1台に仕上がっております。
フランス車を知り尽くした方
フランス車を全く知らない方
すべての人に、刺さります。

初めてのプジョー

「306Style N3 MT」
ピニンファリーナデザイン
限りなくフラットな乗り心地
低速トルクのタップリした扱いやすいエンジン
今、新車であったらまた欲しい!

お客様へ

より多くの方にPEUGEOT、フランス車の良さを
お伝えしていきます。はまると抜けない
ラテンの世界へ、皆様もどうぞ。。。
保険もやってます。

NO_IMAGE

おすすめのモデル

「308」

初めてのプジョー

お客様へ

takada.jpg

おすすめのモデル

「208」
Peugeotに携わって10余年、その間Peugeot9台乗り継ぎました。今乗っているNew 308は
昔の306を彷彿とさせるようなプジョー伝統の
『猫足』が復活したような素晴らしい乗り心地です。

初めてのプジョー

「406STプラチナグレー」
入社と同時に購入しました。まず自らが乗ってプジョーを知る必要があるという決意から購入したのを覚えています。猫足と称される乗り心地に興味がありました。自動車業界に携わるようになってから20台以上の車を乗り継いで来ましたが運転していても疲れを感じない、ロードホールディングがこんなに素晴らしく良い車は初めてでした。

お客様へ

自動車業界に43年、お車を購入頂くというよりも、お客様と一緒になってお車選びをしようと楽しんでおります!是非遊びにお越し下さいませ。

13730913_1086891514691542_5287361068220442591_o.jpg

中矢行信 [サービス]

最新ブログ: 春遠からず

おすすめのモデル

「208」
もちろん私が所有しております
プジョー『208GTi』です。
かつてWRCを席巻した名車『205GTi』の再来と云われるDOHCターボ208馬力を誇るフレンチホットハッチです。

初めてのプジョー

「208GTi」
背中を蹴飛ばされるような軽量ボディDOHCターボ6速マニュアルの強烈な加速。
地面に吸い付くように狙った走行ラインを正確にトレースするどこまでもしたたかでしなやかな足回り
そして、黒と赤をセンス良くあしらったいかにもフランス車らしいスポーティー且つお洒落な内装etc…

どれをとってもプジョーらしいグランドツーリングです。

お客様へ

入社して日はまだ浅いですが、新車営業経験は23年以上。
自動車保険はもちろん生命保険の販売資格も持っておりますので、カーライフはもとよりあなたのライフプランをトータルでサポートさせて頂きます。
何でもご相談下さいね。

2F1792D8-A84E-4CEF-B322-1344A4A2F3F3.jpeg

桑原弥加 [ショウルームアシスタント]

最新ブログ: 今年最後の(^ ^)

おすすめのモデル

「208」
私のプジョーのイメージは小さく小ぶりで可愛らしい感じでしたが、308SWはスポーティーなボディでとってもかっこいいです!無駄の無いシンプルな内装も、小さなハンドルも女子にはポイント高いと思います\( ⍢ )/

初めてのプジョー

「308SW」
私も遂に!!プジョーのオーナーになります!!フランス車を買うのは、初めてでドキドキ、ワクワクします。308SWは、とにかくトランクが広いです!ボードもゴルフバックも楽々積めます。荷物が多い私がSWにした1番のポイントです。

お客様へ

受付をしております桑原です。
オシャレなフランス車をもっともっと多くの人に乗ってもらいたいです!!!老若男女すべての人に気に入ってもらえるブランドだと思います。

5B1A1DF1-370F-4C0A-8B87-EC3A907D8DB7.jpeg

中矢吏香 [ショウルームアシスタント]

最新ブログ: 初旅行

おすすめのモデル

「308」

初めてのプジョー

お客様へ

image.jpg

坪田晃典 [経理]

最新ブログ: ネズミ

おすすめのモデル

「208」
ヨーロッパで賞も取ってる車輌です。自信を持って、ご提供できます。

初めてのプジョー

「206」
小回りもできるので、狭い場所もなんとか乗り切ります。
今は後継機の208です。

お客様へ

経理、総務をさせていただいてます。フランス車に多くの方が乗っていただけるように、影ながら頑張りますので、よろしくお願いします。