プジョー松山
 

スタッフブログ

前へRelated次へRelated
無駄使い
[2020/07/24]
image.jpg
『ヒロシ、もう子供も生まれるんやから、無駄ずかいはしたらあかんで。まあ、たいした事も出来ひんけど、これ、お祝いや。これから色々物入りやろから。大切に使いや。』

と。母からお祝いを貰った。
若い僕はその“お祝い”をにぎりしめとあるお店へと向かった。

95年、ヒロシ26歳。


まあ、なんですね、普通の家庭で育った子供ってのは、あんまりポンポンと好きな物を買って貰えない訳で。
今でこそ少子高齢化って1人っ子が多いし、「子供は6個の財布を持っている」
って言われているくらいだから状況は少し違うかもしれないんだけど。

僕なんかね、「ぼっちゃん」とか「お坊っちゃま」とか呼ばれて育った……ワケでは無いので(笑)まあ、人並み?にねアルバイトなんかしてね、欲しい物買ったわけですよ。
バイクなんかも新車なんてとても無理やし、でも、アルバイトでお金貯めてから買うって言うと何年もかかるでしょ?
若いからね、“今”乗りたいのよ。
まあ、その当時は今みたいにネットが発達してない事もあるし、大きな意味で大量消費の時代でもあったから(バイクなんて毎年フルモデルチェンジしてたし)、バイク屋さんのバックヤードに積まれている不動車の中にも多少マシなのも有って。
3台まとめて3万円ってのを買って………

勿論、自分で部品付け替えて組み上げて。
だって、お店で整備してもらうお金なんて無かったし、自分でやるしか仕方無かったのね。
強制的Do it yourself! DIY。
今みたいに方法もネットでチャチャっとって訳にはいかなかったから苦労もしたけどね。
そんな時代でした。
まあ、それで気がついたら整備士に成ってたんだけど(笑)

でね。そんな時って想像するんですよ。
親父がね、
『おう、昔乗ってたのが田舎に有るから治して乗れっ』
なんて言ってくれないかなぁ~って。
でね、シートをめくると一世を風靡した“伝説のバイク”なんてのが現れると嬉しいなぁ~って。
………ないですよねー、もうね、ない。どのくらい無いかって言うと『白馬に乗った王子さまが迎えに来る』って言うのと張り合う位、無い。


「すみませーん、これ下さい!」
そう、若き日のヒロシの前には、キラキラと輝く1台のバイクが有った。
そう。伝説の。モデルチェンジしないバイク
SR400。


だからね、ながぁ~い目で見るとね、“無駄遣い”じゃないワケ。自分が切望した願いをね、実現させる為に、子供に同じ思いをさせない為にね、

………はい。無駄遣いしました(笑)

で。
この春から、外出自粛でしょ?

埃と錆との戦いの火蓋が切って落とされたのでした。
 
44EB1A02-F624-4C0C-A6CC-9069B51B53E0.jpeg
「燃えたよ……真っ白に……燃え尽きた。」
矢吹ジョーもそう言ってるし。
 
B41CD474-97A3-48B5-B40B-F53926BE798B.jpeg
あれ?あれれ?
今の若人って、バイクに乗らないの?
『ありがとー』って声が聞こえない……
仕方がないなぁ~、僕が乗るか!

サービスの岡でした~♪

あとがき。
第2波が、やって来そうな感じです。
なんの?って?
 
4FD7E27B-DBE1-43DB-BBFC-A0A600BAF1DB.jpeg
3月から4月にかけて当車の抗菌処理をして頂いた御客様、3ヶ月過ぎましたので効力が落ちて来ています。
20分ほどで再施工出来ますのでご予約のお電話、宜しくお願い致します m(_ _)m